政治家のアピール|エッセイ|


政治家は、まるでエンターテイメントみたいだ。

私は、被災地への政治家が行くことは信じられない。

政治家のアピール合戦なんて、娯楽じゃないか。

だから、現代の政治は、エンターテイメントになっている。

心はあるのか、愛はあるのか、そして、真はあるのか。

私は、怒りの心ではなく、純粋な視点で政治家を感じている。

だったら「正義は誰だ」という特撮ヒーローを思う。

私の心は、燃えに燃えて情熱の集合体となっている。

政治家が悪いとは言っていないが、政治家とは何かを疑問。

被災地へ訪問して、結局は、政治利用だと思う。

そして、政治家は、家柄、家系、血筋を重んじている。

だったら「娯楽を止めて」という国民の声もあると思う。

私は、許せないのではなく、国民をバカにしないでほしい。

真の政治は、エンターテイメントではない。それが、誠と正義。

もっと真剣に政治を考えて、この国を守り、この国を愛すること。

そして、アメリカ中心ではなく、国民も人間、政治家も人間である。

我が誠と正義は、我が心にあり、我がゆく道は、終わりなき道へ。

 


HOME BACK