文学の島と希望|エッセイ|


私には、文学があり、文学の道を猛進しています。

そして、大きな夢もあり、私は私の強い信念です。

逃げることもせず、あきらめることもせず、まっすぐ。

私は、文学の島と希望ある社会へと目指しています。

まずは、地域基盤を強化して、文学の島を実現したいです。

そのためには、たくさんの本を読み、感性を磨くこと。

私も郷土愛精神で広島県大崎上島の未来を考えています。

私は、希望に満ちあふれて、志と信念で生きています。

あせらず、あわてず、いそがず、私も努力を継続してゆきます。

私には文学の道、そして、芸術の道へと猛進しています。

五年後、十年後の未来へと一生懸命に頑張ってゆきます。

夢は素晴らしき人生観を生み、果てしなき挑戦者でもあります。

私の自己課題としては、体調の安定、食の改善などです。

心の病にも負けず、私は私なりに一生懸命に生きてゆきます。

日本代表とする詩人を実現化するために、日々努力です。

そのためには、私も健康に関して厳しく実践的にすること。

人には様々な自己課題があり、それをクリアすることも重要です。

広島県大崎上島を文学の島、文学によって町づくりもしてゆきます。

私は私を信じて、新しき時代、新しき歴史を常に創造しています。

有名になるとか、有名にするとかではなく、真を常に問いています。

私は、何度も言いますが、強い者にこびず、私の人生を楽しみます。

愛のある言葉、思いやりのある言葉、人の痛みがわかる言葉。

私の父親と母親にも日々感謝して、郷土愛精神で猛進してゆきます。

家族の支え、家族の愛情、家族の平和、それが、人生の基本です。

私は、素晴らしく恵まれた環境の中で大きな夢へ挑戦してゆきます。

誰にも負けない郷土愛精神で広島県大崎上島から世界詩人への道。

我が夢は、多くの支えと理解によって無限大の可能性へ挑戦しています。

 


HOME BACK