福祉を考える|エッセイ|


福祉は人の可能性を決めつけた施設が現実だと思います。

善い相談員とは、相談員が上の立場ではありません。

福祉とは、人々の人生を幸せにする大切な職業です。

その職業は、常に専門知識を学び、経験も重要です。

そして、お金儲け主義者ではなく、善と真心です。

福祉という分野は、経験が重要であり、広い心です。

また、仕事としての固定概念、執着心を無くすこと。

そして、職業には適材適所もあり、福祉とは重要なのです。

日本社会は、福祉のレベルが先進国の中では遅れています。

だからこそ、そこで仕事をしている方々には経験が重要です。

さらに、経験だけではなく、多様化した社会で福祉を考えること。

人の人生を決めつけたり、人の可能性を決めつけないこと。

福祉も西洋的な考え方が多くあり、人と人との心が大切です。

善い人間関係を実現するためには、善い食育指導も重要です。

仕事して福祉は存在しない、むしろ人間のドラマティックなのです。

福祉とは、食育指導も大切であり、命の尊さに気づくこと。

善い人との出会いは、無限の可能性へと発展してゆきます。

だからこそ、人の可能性を決めつけず、より豊かな社会実現へ。

現代栄養学の栄養士は、西洋思想であり、東洋は無視されています。

食の一つ一つの本質的なところに意識を向けるのが東洋です。

だからこそ、福祉とは食育も重要であり、人の健康も考えること。

私の感じる福祉とは、人々の幸せを共に学ぶことだと思います。

たとえ、障がい者、心の病、高齢者でも幸せな人生を望みます。

人は人、誰もが病気になることもあり、人の幸せを考えること。

福祉というのは、それだけ、社会的にも重要な役割があります。

私も常に福祉の学び、精神医学のような学び、日々学びをしています。

今現在、日本の歴史学を学び、日本人の人生哲学を学んでいます。

私は、あらゆる本を読み、あらゆる自己体験と経験があります。

一生懸命に学ぶことによって、人としての感性も磨かれてゆきます。

人には、適材適所がありますので厳しい意見、厳しい評価もあります。

私は、皆さまと一緒に、より心の豊かな社会へと目指してゆきたいです。

 


HOME BACK