政治家の活動と仕事|エッセイ|


政治家の活動と仕事は、民間のための政治です。

そして、真実で言えば、政治家とは、ボランティアです。

特権階級である政治家に必要なのは、公約です。

公の立場で生きる政治家は、常に民間のために実行あるのみ。

政治家としての自覚と強い責任感が必要であります。

常に民間のための民間による政治、民主主義です。

政治家とは、一般人の代表者でもあり、リーダーです。

リーダーとしての才能・能力も問われる職業だと感じています。

そして、天才的な政治家はいないので学歴・職歴も評価基準です。

一般人から当選して「先生」となりますので政治学も学ぶこと。

政治学を学ぶと言っても、政治家を志すときから常に勉強です。

私は、身近な政治家を現実的に強く強く強く感じて生きています。

民間のために汗や涙を流す政治家は、はっきり言って少ないです。

というよりも、存在しません。だからこそ、公の立場は厳しいです。

政治家は、自費で活動をすることだと私は思います。

より良い町づくり、犯罪のない町にすることも重要です。

だからこそ、行動力あるのみ、そして、誠実の政治が必要です。

人のために、地域社会のために、行動力あるのみ。

私は、政治家になりません。ですが、政治というのは重要です。

無責任な政治家ではなく、具体的な公約と改善論と改革論です。

政治家にたいして「あなたは何をしたいのか」と、常に問います。

立場を守る政治家ではなく、志と信念のある政治家が必要です。

私たち民間も、今一度、政治家を意識して政治家を直視しましょう。

「あなたは何をしたいのか」「あなたの志と信念からの公約は何か。」

志ある者たちよ、立ち上がれ、今こそ、我に誠と正義があり。

 


HOME BACK