学問と能力開発|エッセイ|


私の趣味の一つに、勉強があります。

勉強と一言で言っても、得意分野の能力開発です。

広島県大崎上島町の方向は、人材育成です。

学問とは平等でありますが、高等教育・大学の無償化に反対。

本気で学びたい人々のために教育とは存在する価値観です。

私も常に本気で勉強して努力と向上心で熱意があります。

広島県大崎上島町のリーダーは、町長です。

だからこそ、言葉の専門家ではなく、現場主義であってほしいです。

リーダーとしての強い責任感、誠実、勤勉、行動力が重要です。

私たち町民も人材育成へと猛進してゆき、常に学び、常に勉強です。

学びとは人生観だけではなく、国際的な視点と論点も重要です。

勉強とは、得意分野で人間成長することでもあります。

また、町議会議員の先生も、常に民間のために活躍してください。

政治家とは、当選して目的を探すのではなく、志と信念が重要です。

町民一人一人の意見を聞き、常に実践的・行動力です。

私は、真の民間リーダーを志して、日々学び、日々勉強しています。

そして、広い心、広い価値観、世界観、宇宙観で生きています。

政治家は議員所得の削減をするべきだと強く強く感じます。

国によっては、政治家とはボランティア活動のリーダーです。

だからこそ、だからこそ、このままでは大崎上島町は衰退します。

現実を直視して行動あるのみ。私も民間として一生懸命に頑張ります。

たくさん勉強して、郷土・広島県だけではなく、全国へと発信。

まさに、広島県大崎上島町は、改革の時期だと私は強く感じています。

勉強しましょう、たくさん、たくさん、あらゆる勉強をしましょう。

私も熱意ある民間として志と信念で立ち上がりました。

目指す方向へと猛進するためには、民間・行政・政治の一体化です。

 


HOME BACK