ほとばしる情熱|エッセイ|


私は、広島県大崎上島での死闘に打ち勝ちます。

一人の詩人として夜空の星みたいに美しく。

そして、いつの日にか、輝く星座のように美しく。

私は、ほとばしる情熱で生きてゆき、挑戦しています。

この島を離島文学社会へと実現する志と信念があります。

広島県大崎上島という島は、私の愛する古里です。

私も、一生、広島県大崎上島で生きてゆきます。

誰にも負けない郷土愛精神、私は文学へと猛進しています。

教育だけではなく、芸術を重視した活動も積極的に実行あるのみ。

私は私の考え方、価値観があり、一歩通行の想いではありません。

そして、島民一人一人が協力と応援できる美しい島へと改革。

それこそが、広島県大崎上島に必要な現実でもあります。

私は改革こそ、現実の広島県大崎上島に必要なことだと思います。

足の引っ張り合い、批判、否定的する人々も存在します。

そのことに関しては、地球の課題でもあり、主義主張も違います。

みんな違って、みんな良い、という言葉の通りです。

世の中の非常識を立証するのが科学、芸術は無限設計図。

私は無限設計図を表現する世界詩人を目指している芸術家です。

くじけずに、まっすぐ、私の人生を歩み、その先にある大きな夢へ。

世界一、美しい広島県大崎上島にするために積極的に頑張ります。

 


HOME BACK