離島文学社会|エッセイ|


日々、私も忙しく仕事と地域活動をしています。

広島県大崎上島町を文学の島へと実現する情熱です。

まさに、教育だけではなく、芸術・文学の時代を創ります。

その名は、離島文学社会であり、私の生命線でもあります。

純粋な文学こそ、真の社会実現ができると確信しています。

私は、誰にも負けない郷土愛・大崎上島で志に燃えています。

地道に努力して、夢の実現へと導き、新しき時代を創ります。

強い者にこびず、私は私の強い信念で猛進してゆきます。

私は、愛と平和の大崎上島も実現したいと強く思っています。

島には、縦と横の人間関係があり、しがらみの根っこです。

その根っこには、ご先祖さまからの継承された真実もあります。

しかし、その根っこを改革するときが来たと私は感じています。

一人一人が真剣に大崎上島を改革する意識が必要です。

私は、常に挑戦してゆき、批判や否定に負けず、花を咲かす。

協力と協力のつながりも強化してゆき、新しき明日へ未来へ。

志ある者たちが立ち上がり、新しい時代を創りましょう。

新しい大崎上島という島を創り、日本一、幸せな離島へ。

私は本気です。この情熱は、郷土愛精神であります。

立ち上がりましょう、決起しましょう、新しい時代を創りましょう。

今こそ、今こそ、協力と助け合い・支え合い・分かち合いです。

愛と平和、そして、希望ある社会、心の時代へと猛進しましょう。

 


HOME BACK