政治家の品格|エッセイ|


政治家の品格とは、家柄、家系も否定できません。

そして、誠実、実力、行動力、誠と正義が大切です。

政治家の品格とは、人柄も重視しています。

むかしの政治家は、日本国のために志と信念がありました。

現代社会の政治家には、志も信念もなく、あるのは名誉欲。

そして、自身の立場を守り、当選して目的を探しています。

利権・私利私欲の猛毒であり、議員所得の削減するべきです。

公約を捨てて、公約なき政治家とは、真の政治家ではありません。

今一度、皆さんも政治家の品格を問い、そして、真を感じてください。

私は、政治家になりません。誰にも負けない郷土愛精神で改革します。

民間も政治と経済に目を向けて、真の学び、真に郷土改革しましょう。

私は、正義感というイナズマで発言して、郷土改革へと猛進しています。

そして、政治家には公人としての強い自覚と強い責任が重要です。

まさに郷土・大崎上島町と竹原市を善へと導くことを私は決意します。

皆さん、皆さん、郷土は、このままで良いでしょうか。真を問いましょう。

私も全国ネットワークで人材育成、善い仲間との協力してゆきます。

政治家とは、一般人の代表者であり、特権階級の公人です。

だからこそ、政治家も公式ホームページを公表するべきです。

何度も何度も言いますが、学歴、職歴、経歴、改善論、公約です。

公約なき政治家は、政治家と言えるのでしょうか。立場を守る政治。

真に志と信念の情熱が政治家にも重要であり、皆さん、立ち上がりましょう。

私は、郷土改革へと猛進して真の人材育成を実現することを決意します。

皆さん、皆さん、立ち上がりましょう。そして、郷土改革へと猛進あるのみ。

民間が立ち上がり、民間主体の社会実現へと猛進しましょう。

皆さん、皆さん、政治家の品格が問われる時代でもあります。

新しき時代、新しき歴史を創り、郷土を死守して郷土改革しましょう。

私は、誰にも負けない郷土愛精神で大崎上島町と竹原市を死守します。

 


HOME BACK