観光地にしない観光|エッセイ|


私は、観光地にしない観光を目指しています。

人々の暮らしと生活の中に観光づくりのヒントがあります。

そして、お金儲け主義者ではなく、自然愛の秩序を死守。

宇宙の営みも秩序も、愛の広がりによって創られました。

その恵みを死守することは、広島県大崎上島を死守すること。

私は私の意見と価値観があり、観光地にしません。

そして、一生、私は古里である大崎上島で生きてゆきます。

やたらとマスコミ愛の強い大崎上島、それで真実でしょうか。

私は批判をしているのではなく、マスコミも内容を重視。

メディアに出演することは自由ですが、とくに内容の有無です。

お金儲け主義者は独裁者であり、猛毒の大崎上島になります。

現実、観光づくりと言っても、観光客は少ないです。

私は、誰にも負けない郷土愛精神で観光を意識しています。

何度も言いますが、観光地にしない観光を目指しています。

大崎上島の根っこをしっかりさせて、それから、観光基盤。

広島県大崎上島とは、マスコミ依存症だと強く感じます。

ある意味において病的、自己満足だと私は強く感じます。

私は、古き良き時代の広島県大崎上島を知っています。

観光の根っこをしっかりしないと、幸せな観光づくりは実現しません。

 


HOME BACK