新しい時代|エッセイ|


私は、広島県大崎上島町の新しい時代を創ります。

その大きな仕事は、民間主体に猛進してゆきます。

私は、一生、一般人の詩人として大崎上島に生きてゆきます。

その強い想いは、一方通行の愛ではありません。

私は、広島県大崎上島町に必要なことは、真心です。

足の引っ張り合いではなく、応援できる離島社会の実現へ。

そして、郷土愛精神で橋を架けない活動も積極的にしています。

私は、政治家にならず、常に民間主体の一般人です。

一般人とは、当たり前のことですが、私の大好きな言葉です。

私は、大崎上島を心から愛して、心から改革と改善します。

純粋な視点と論点を忘れずに、感謝と謙虚で生きています。

そして、離島社会・大崎上島を文学の島として発展させたいです。

私には文学があり、将来的ビジョンとしましては、芸術の島です。

橋が架かっていないからこそ、真の大崎上島として猛進できます。

私には、信念があり、その信念と正義を信じて歩んでいます。

そして、愛と平和の大崎上島を文学の島、芸術の島へ実現します。

一人一人の能力を合わせて、郷土愛精神の人材育成もします。

そして、私は経済第一ではなく、真心の豊かな郷土を目指しています。

新しい時代とは、利権や私利私欲の政治に存在しません。

民間主体こそ、日本国に必要であり、地球観がある人材育成もします。

私には、するべき大きな仕事があり、その一つが郷土改革です。

一人一人が民間の視点と論点で町づくりをしてゆき、楽園を創ります。

広島県大崎上島町の楽園は、やがて日本国の楽園として実現します。

だからこそ、民間主体での活動と仕事を一生懸命に努力します。

戦争のない、いじめのない、暴力のない地球の実現へ猛進しています。

人々の生活・暮らしの豊かさとは、お金と物質だけではありません。

それが、文学でも証明している愛でもあり、真心です。

真心のある広島県大崎上島町の実現こそ、改革と改善するべきことです。

みんなが協力して、助け合い、支え合い、分かち合いすることです。

私も一人の詩人として大崎上島の愛を強く感じて、猛進しています。

今年も入院をしない、それが、私の大きな課題ですが、頑張ります。

皆さん、私と一緒に広島県大崎上島町を楽園として実現しましょう。

今後とも熱き応援を宜しくお願いします。

 


HOME BACK