詩人の独り言|エッセイ|


世の中の矛盾を強く感じて、私も生きています。

夢のない子供達ではなく、夢を信じられない子供達。

こんな世界に生まれても、本当は美しい明日があります。

私は経済とかバブルとかではなく、お金では買えない愛。

愛は教育の基本でもあり、子供達の心に愛の清き水。

純粋な目、その先にある未来は大人の視点ではないです。

善悪の判断のない矛盾した大人は、子供達への猛毒です。

だからこそ、道に迷ったときは善を信じて歩んでほしいです。

善悪の理論は、私の人生で導いた真実の心の目です。

生活、暮らしには、お金も必要だけど美しい愛の人間関係。

私も一人の大人として、真の大人を目指して日々努力あるのみ。

明日を信じられる社会、現実逃避している人々に愛で包みたいです。

現実の日本国は、政治家やマスコミに左右されています。

情報社会って何だろう。本当の幸せな人生って何だろう。

私も、お金がほしいけど天使の心で自由のツバサで未来にゆきたい。

未来とは、現実の中に存在しているから、美しい言葉を言いたいです。

私は一人の詩人として未来を信じて、本当の幸せな未来へ。

お金とか物質も大切だけど、この地球は、むかし、むかし、愛だった。

その愛を失った人類は、悲しみの争いをして貧富の差を生みました。

私は、世界中の子供達に希望のある、夢のある楽園を創りたいです。

夜空には、たくさんの星がキラキラ輝いてメロディーを歌っています。

そのメロディーは、美しい声で地球を見つめて祈っています。

まるでピアノのメロディーラインみたいに、とても美しい音です。

世界平和とは、一人一人の心に存在している愛によって実現します。

 


HOME BACK