文学で町づくり|エッセイ|


瀬戸内の真ん中に位置する大崎上島。

私は、文学の離島社会へと前進しています。

常に民間主体で考えて、行動力で実践しています。

そのためには、継続することと努力も重要な課題です。

その自己課題は、私の情熱と感性がほとばしっています。

新しいことに挑戦することは、地域の根っこも重要です。

だからこそ、私は大崎上島での地域基盤を強化しています。

無から有を実現化するのは、大きな夢があるからこそです。

その夢に挑戦してゆき、文学で町づくりもしてゆきます。

私の古里である大崎上島を文学の離島社会へと前進あるのみ。

一つ一つの課題を達成してゆき、文学で新しい時代を創ります。

そのためには、威張らず、日々感謝する心、そして、謙虚な心。

私は、大崎上島という名の道場で困難に打ち勝ってゆきます。

また、文学を知らない人たちにも、文学の良さに気づいてほしいです。

私は、大崎上島のことを常に考えて学び、常に現実を直視しています。

そして、文学、芸術、文化発展は、一人一人の平和心が重要です。

愛と平和の大崎上島を、文学の離島社会として実現化へ前進あるのみ。

新しい時代、そして、新しい歴史を創り、文化発展させたいです。

そのためには、皆さんのご協力・ご理解も重要であります。

是非、私の提案とする文学の離島社会への助けとなってください。

私は文学の無限大を信じて、日々の生活で学んでいます。

そして、文学で町づくりしてゆき、真のある社会実現へ前進あるのみ。

私は、困難に負けず、くじけず、力強く情熱で歩んでゆきます。

 


HOME BACK