改革精神と未来へ|エッセイ|


私は、大崎上島を改革してゆきます。

人々の広い価値観が重要とされている現実。

その現実で何ができるか、何をするべきかを問いています。

島民の意識改革、島民の人材育成と能力向上。

大崎上島は、離島社会の田舎町でもあります。

その素晴らしい環境は、日本国の宝だと私は思います。

だからこそ、島民も移住者との協力関係も重要です。

大崎上島は教育に目を向けていますが、島民の意識改革すること。

そして、新しい価値観を受け入れして離島社会の基盤づくり。

今こそ、大崎上島は改革と改善して未来へ前進あるのみ。

私にも信念があり、それを実行してゆき、より豊かな離島へ。

橋の架かっていない小さな楽園でもある大崎上島です。

その楽園を具体的な改革と改善をして、郷土愛精神を育てます。

また、現実は人材育成も重要な課題なので広い視野も重要です。

すべてを新しくするのではなく、真の大崎上島へと誕生させたいです。

一人一人が力を合わせて、足の引っ張り合いではなく未来へ。

そして、民間主体で町づくりをしてゆき、人口増加につなげたいです。

このままだと大崎上島は衰退への道となりますので実行力あるのみ。

将来的ビジョンとしては、大崎上島に商店街を実現したいです。

現実は、店舗数の減少、高齢化による後継者の不足です。

その問題を解決するためには、島民の一人一人の能力向上です。

様々なアイデアと企画をしてゆき、個人商店の活気ある町づくり。

私の信念と理想とする大崎上島は、商店街計画も一つあります。

商店、飲食店などの店舗を死守することも重要な役割だと思います。

死守するだけはなく、さきほども言いましたが、アイデアも重要です。

そして、一人一人がプロ意識を持って活躍できる離島社会の実現へ。

みんなが応援できる大崎上島、みんなの愛する大崎上島。

私は、困難を共にできる個人商店と飲食店と力を合わせて歩みます。

心の広い、心のゆとり、心のある離島社会の実現こそが重要です。

たくさん、たくさん、重要な課題が多くある大崎上島を改革しましょう。

民間、行政、政治が力合わせて地域活動を積極的に実行力あるのみ。

大崎上島の時代は、すべてに少しずつ前進している現実もあります。

この楽園を日本一の離島社会として世界へ羽ばたいてゆきましょう。

 


HOME BACK