郷土の新しき時代|エッセイ|


私は、郷土・大崎上島の新しき時代へと前進しています。

そのためには、全国とのつながりを強化します。

私は、大崎上島を小さな楽園だと感じています。

この楽園は、私の生きる道でもあり、パラダイスです。

そして、私がするべき仕事と活動も積極的にしてゆきます。

現実の郷土は人材不足であり、真を問われていると思います。

私は、一人一人の能力を合わせて認め合うことが重要です。

今こそ、新しき時代を創り、新しき郷土を民間主体で前進します。

古き時代、新しき時代、まさに時代と歴史を創るときです。

私にも志と信念があり、この大崎上島から全国へと発信。

そのためには、地道な仕事と活動を継続することが重要です。

私にも郷土愛精神があり、誰にも負けない大崎上島の愛。

その愛は、素晴らしい日々、そして、明日への言葉でもあります。

本当の幸せ、本当の郷土という名の大崎上島を熱意で創りたいです。

人は、真実の扉を開けた瞬間、するべき仕事と活動を強く感じます。

その仕事と活動は、常に民間レベルで実行することです。

それが、私の誠と正義であり、大崎上島を愛する想いであります。

強い者にこびず、私の人生を心豊かに前進してゆきます。

私は私の人生があり、世界観、地球観、宇宙観、そして、死生観。

今こそ、志ある者たちが立ち上がり、大崎上島を改革するときです。

まさに、郷土・大崎上島の再生と向上心こそ、現実であります。

現実を直視した仕事と活動を一人一人が実行してゆきましょう。

私は、大崎上島を愛しているからこそ、未来へと前進しています。

 


HOME BACK