大崎上島町の総合力|エッセイ|


財政が厳しい大崎上島町の課題は、総合力です。

教育だけではなく、雇用の課題が現実にあります。

しかし、雇用を増やしても格差社会は解決できません。

なぜならば、所得格差があり、まさに現実の社会は苦しみです。

大崎上島町は、教育の離島社会を目指しています。

私も教育は重要な役割があると強く感じています。

しかし、日本国にも、広島県内にも貧困家庭が多くあります。

学費を支払いできない家庭もあり、日本国の最大の課題です。

だからこそ、大崎上島町にも総合力、能力向上が重要です。

町民の足の引っ張り合いではなく、町民が一人一人を応援できる島の実現。

それこそが、大崎上島町を直視した、私の感じた離島社会の課題です。

私は、一生、民間で活動してゆき、新しき時代を創るために改革します。

大崎上島町の改革こそ、重要なことであり、現実に存在します。

私は、誰にも負けない郷土愛精神で大崎上島町と共に未来へ。

だからこそ、民間主体で猛進してゆき、民間主体で改革と改善します。

教育、医療、福祉、農業、伝統、文化などの発展、人材育成こそ現実です。

その現実を強く感じている私は、一人の民間として立ち上がりました。

私は、政治家を志していません。常に民間の一人として感性で考えています。

それを心のエネルギーの直観とも言います。そして、心眼でもあります。

私は私を信じて一生懸命に努力を継続してゆき、真の社会の実現へ。

大崎上島町を愛しているからこそ、私も沈黙ではなく立ち上がりました。

私は一人の感性を授かって生まれた詩人として郷土を守り猛進してゆきます。

 


HOME BACK