政治家の役職と特権|エッセイ|


政治家に当選すれば役職が得られる。

たとえば、団体の理事とか委員会などである。

政治家には発言権という特権があり、責任も重大。

名誉な職業でもある。だからこそ、力量も必要である。

日本国は、とくに政治離れした国。

若い世代を中心に活躍を願うが、

現実は多くの国民が時代に流されている。

しっかりした信念を持ち、政党ではなく個人を感じる眼力も必要である。

個人の政策論こそ、力量によって左右される。

また、どのような実績があり、どのような職歴と学歴も重視される。

この日本国に優秀な人財は、たくさん存在する。

もし、政治家を志があるのならば、猛烈に学び、多くの気づきが必要である。

政治家とは、社会奉仕である。要するにボランティアのリーダー。

だからこそ、地元でも実行力を発揮して頂きたい。

政治家になることは、役職と特権を与えられる。

地元だけではなく、日本国のお役立ちすることが、

公人としての政治家の責任である。

 


HOME BACK