大崎上島での地域活動|エッセイ|


私は、大崎上島での地域活動を積極的にしています。

離島社会だからこそ、地域の基盤づくりもできます。

私は、心の時代を志して大崎上島から文化発信しています。

経済第一主義ではなく、私は豊かな心と愛を目指しています。

そして、日本一、世界一の離島社会を思い描いています。

思いやりの優しい心を文学で育成してゆきます。

そのためには、一人でも多くの善い仲間づくりをします。

大崎上島の海は、エーゲ海のように穏やかで美しいです。

教育だけでなく、心の育成、心の人間成長も重要です。

私は私なりに一生懸命に大崎上島の未来を考えています。

経済第一主義ではなく、真の離島社会へと前進あるのみ。

古き良き伝統文化歴史を再確認して新しき時代へ。

一生、愛する大崎上島で生きて、広い価値観で生きてゆきます。

私は、離島社会の真を常に問い、離島社会の改革をします。

そして、私自身は、民間の一人として文学の道を歩んでいます。

文学の力を信じて、愛と平和の種まきをしてゆきます。

現実、日本国は不景気であり、格差社会と貧国が多いです。

政治家は一般人との所得の差があり、生活感がないと思います。

生活感のない政治ではなく、現実を直視した政治をしてほしいです。

公約も捨てて名誉欲の政治家も存在することが悲しいです。

日本国を愛する一人として、私は大崎上島から世界詩人になります。

私は郷土愛精神は誰にも負けません。志と信念、文学の力。

文学こそ、地球愛、宇宙の営みと共に生きる道だと確信しています。

 


HOME BACK