夢のキャンバス|エッセイ|


文学も、教育も、観光も、お金だけじゃない。

冷たい風呂と言われても、私は私の道がある。

現実を見て感じたとき、工事現場で働く人達の汗。

その汗は、今を生きる真実の声となると思えた。

人は、一生懸命に生きている、そんなの当たり前じゃない。

そして、人は何かを背負って汗を流している。

私は、夢のキャンバスに真実を描く言葉を表現している。

さあ行こう、ここからのスタート地点は、現実の中にある。

税金や助成金に目を輝かせている、あなたが存在している。

いつでも、お金、お金っていう世の中も現実。

さあ行こう、この現実で自分自身と闘い勝利しよう。

 


HOME BACK