未来の扉を開けよう|エッセイ|


心の孤独は、孤独の太陽として見て感じていた。

だけど、今は周囲の支えに気づき、愛を抱いて生きている。

人は、うつむいた時間だけ悔しい気持ちなる。

だけど、今は許し合うことに気づき、愛を抱いて生きている。

人生は、いろんな困難や苦労もるけど、未来の扉を開けよう。

きっと、その先にあるのは、人と人とのつながり。

そのつながりは、優しく美しい花のように枯れない希望。

信じよう、自分自身の可能性を信じて未来へ歩いてゆこう。

 


HOME BACK