古里の大崎上島と愛|エッセイ|


私は、古里の大崎上島の愛を感じて生きています。

橋を架けない、離島社会の基盤づくりもしています。

私には志と信念があり、古里にたいしても情熱です。

そして、私も大崎上島で生きてゆく道を創っています。

離島社会には、歴史と秩序があります。

島のオリジナルの伝統文化もあり、後世へ伝え残したいです。

すべてを新しくする必要はなく、古き良き時代の古里を重んじています。

人口減少に関しては、一人一人の能力向上してゆくこと。

今現在、大崎上島には、多くの人材が集まってきています。

そして、積極的にイベント企画したり、大崎上島も前進しています。

雑誌・ヒナタ文学も継続してゆき、全国とのつながりを重視しています。

大崎上島の今後が楽しみであり、私も地域基盤を強化します。

先祖から継承されている古民家を守り、そして、発展させてゆきます。

私は、ヒナタ文学を信じて仕事と活動をしています。

そして、私自身も能力向上できるように日々勉強しています。

古里の大崎上島と愛は、明るい未来へとなることを信じています。

 


HOME BACK