小さな歯車と時代|エッセイ|


大崎上島町の歯車は、新しい時代を創造しています。

この道をまっすぐ歩むことに希望の光が見えてきます。

新しい歴史は、私達民間の強い意志に存在します。

今こそ、私達民間も前進して時代を創ってゆきましょう。

たとえ、民間という小さな歯車でも時代を創ることができます。

そして、私は真の民間リーダーと人間成長してゆきます。

私にご賛同、ご協力して頂き、一緒に明日へ未来へ。

今後も善い仲間、同志を増やしてゆき、全国ネットワーク確立へ。

さらに、文学冊子・ヒナタ文学も継続して発行してゆきます。

今現在、最新作の企画と構想をしています。

私は、大崎上島という島を愛して活動しています。

常に民間、一般人として活動してゆき、私も志と信念に生きています。

私は、大崎上島から日本国にお役立ちしたいです。

大和の心は、現代の日本人にも存在している尊いロマンです。

是非、私と一緒に果てしないロマンに生きてゆきましょう。

そして、私の古里である大崎上島の幸せを常に考えています。

いろいろな意見もあると思いますが、みんなの希望を創りたいです。

そのためには、私にご賛同、ご協力して頂きたいと強く思っています。

皆さんに、この思いが伝わることを真剣に私は日々暮らしています。

一緒に時代を創りましょう。一緒に新しい歴史を創りましょう。

私は、大崎上島町の現実と理想を常に考えて行動しています。

皆さん、このままで良いでしょうか。今こそ、改革するときだと強く思います。

古き良き時代、そして、新しき時代の感性は、日本人の意識にあります。

私は、大崎上島で誕生した真の民間リーダーが高い目標です。

皆さん、大崎上島は、このままで良いでしょうか。

今一度、私達民間も真剣に考えて、一人一人の思いを団結しましょう。

 


HOME BACK