両親の愛情と文学|エッセイ|


私は両親の愛情に誇りを感じて生きています。

恵まれた家庭環境、そして、両親の理解力に感謝しています。

私には大きな夢があり、その夢を実現するために文学をしています。

誇り高き日々、私は両親からの恵まれた環境で育っています。

ご先祖様からのつながる古民家での生活も幸せです。

今でも祖父母の笑顔が輝いているように感じます。

私の人生は、とてつもなく苦労ではなく、厳しい試練でした。

多くの苦しみ、悲しみを体験して感じて生きて来ました。

人は、苦労、試練を打ち勝つときに新しい価値観を生み出すと思います。

だからこそ、今現在、とてつもなく試練と向き合っている人々にも勝利してほしいです。

その勝利とは、自分自身であり、最強のライバルも自分自身であります。

私には強い信念があり、後世へ伝え残したいことが多いです。

だからこそ、文学冊子ヒナタ文学にも卒業は存在しません。

世の中の人々は、言いたい放題です。だからこそ、私は私を信じています。

生きているからこそ、両親に日々感謝して幸せの時間を過ごしています。

両親の愛情、善い出会いによってヒナタ文学も8年目になりました。

これからも、私自身、果てしないロマンに向かって百年後を目指します。

 


HOME BACK