人材の大崎上島と現実|エッセイ|


橋を架けない大崎上島は、すでに未来へ向かっています。

現実的な課題も多くある郷土・大崎上島でもあります。

私も一人の町民として常に学び、常に考えています。

人材の大崎上島として民間、行政、政治の団結が必要です。

私も郷土愛精神で大崎上島の現実を直視しています。

一人一人の能力向上こそ、今の大崎上島に必要なことです。

私は、観光、町づくりを積極的にしてゆき、新しい時代を創ります。

そのためには、一人でも多くのご協力が必要となります。

また、私にご賛同して頂ける町民・学生、商店も宜しくお願いします。

皆さん、大崎上島は、このままで良いでしょうか。

今一度、人材とは何か、橋を架けない郷土とは何かを一緒に考えましょう。

私も愛するべき郷土・大崎上島の未来を明るくしたいです。

そして、現実を直視した活動をしてゆき、改善と改革してゆきます。

私は一人の町民、一人の詩人として感性を信じています。

大崎上島を文学の島に実現化したいと強く強く感じて生きています。

広い視点、広い価値観、それこそが現実の大崎上島に必要です。

大崎上島という箱の中だけではなく、箱の外にも目を向けるときです。

今こそ、民間の力を団結して郷土・大崎上島を前進してゆきましょう。

 


HOME BACK