ご先祖さまに感謝|エッセイ|


私が住む大崎上島は、ご先祖さまに感謝している島です。

今、こうして、私達が生きているのは、命と命のつながりです。

私は、橋本家と和田家の後継ぎです。

現代社会、現代人には長男教育も少なくなりました。

我が家では父親と母親が一生懸命に私を育てています。

私の地元は大崎上島です。この島は離島で良いと私も感じています。


何も実行しない人よりも、何か実行する人には志と信念の言葉があります。

要するに、政治家の言葉に左右されてたくないと私は感じます。

クリーンな政治、しがらみのない政治なんてありません。

私は政治家になりません。たとえ、心の病が完治しても政治の世界は猛毒。

それよりも、私は私の感性を信じて詩を描くことを継続してゆきます。

私が住んでいる古民家は、百年以上になると言われています。

今年には、古民家に商店ではなく、新たな情報発信地を創ります。

私達は地球人です。ご先祖さまから現代に続く善の道は輝いています。

大崎上島にも命のつながりがあります、ご先祖さまの歴史があります。

私も長生きして大崎上島を未来へと前進してゆきます。

皆様は、ご先祖さまに手を合わせて、感謝して生きていますか。

 


HOME BACK