音楽魂の復活と愛|エッセイ|


私は私の人生を歩いています。

果てしない夢の続きを感じてみたいです。

私の人生は、文学、音楽、芸術の道です。

この道で生きてゆく信念と志、文化発展です。

そして、私の音楽魂の復活も近づいてきました。

私は作詞家としても目標とか理想があります。

その理想とする音楽を目指しています。

私は東京時代の経験も栄養となっています。

たしかに、私は無知な若者だったけど素晴らしい経験です。

その時に感じた事、見た事は人生の財産です。

あれから、約15年の月日が流れて、私も作詞家になりました。

私も一人の作詞家として高い目標があります。

そして、一人でも多くのアーティストとコラボしたいです。

私は音楽を愛しています。無名・有名も問わないです。

音楽も共に学び、共に教え合うことが善い人間関係です。

これからも、私は善い出会いができるように努力してゆきます。

音楽には国境がありません。私も最高な音楽を制作したいです。

私は作詞家も継続してゆき大きな夢へ順調に向かっています。

今は、作詞家としての力、そして、学びをしています。

作詞家とは何かを学び続けて、私も世界のアーティストを実現したいです。

 


HOME BACK