大崎上島の人材育成|エッセイ|


移住者の風だけではなく、政治にも新しい風が必要である。

過去からの荷物という名の課題を改善すること。

それは、民間にも言えることであり、まさに改革精神である。

私は大崎上島の人材育成を常に考えて実践している。

まだまだ、たくさんの課題がある大崎上島を改革してゆく。

その情熱は、郷土愛精神として私の生きる道となっている。

だからこそ、新しい風は必要であり、人材育成を積極的にすること。

民間の自覚と立志、そして、広い視野の人材育成。

大崎上島という名の箱の中で小さくまとまらず、先見も必要である。

先見こそ、未来の大崎上島を実現する一歩となる。

このままで良いという考え方ではなく、改革精神ある人材こそ必要である。

大崎上島の真を問い、私も大崎上島で生きてゆく。

私は真の民間リーダーを実現できるように日々学び、常に向上心である。

 


HOME BACK