善は善の道と詩人|エッセイ|


自分自身の可能性を決めつけない。

この世界は無限大の空と海が存在している。

たとえ、雨でも、嵐でも、強く強く生きてゆく。

何度も立ち上がった人生は、信じた夢の力がある。

善は善の道には、今でも思い出す仲間達が支えになっている。

お金では買えない友情の情熱、私は詩人の道を歩いている。

ありがとうって言いたい、そして、みんなに伝えたい善の道。

善い出会いは、善い人生の始まりでもある。

私は一人の詩人として世界平和を思い描いて歩いている。

この道には、心の痛みもあったけど笑顔で生きている。

みんなの心にある愛と優しさは、世界へと広がってゆく。

たくさん、たくさん、私も多くの支えに日々感謝して生きている。

生きる勇気と希望を信じて、心の自己肯定できるように明日へ。

流した涙の数だけ、人の痛み、苦しみ、悲しみを感じている。

だからこそ、手と手をつなげて一緒に自由を感じてみよう。

人の能力とか可能性も無限大にあり、大きな夢へ前進してゆこう。

みんなが、みんなを応援できる社会を実現したい。

協力と協力のネットワークは、愛のリングみたいに時代を歌っている。

私の想い、どこまでも、どこまでも、届けて世界へ広がって伝えたい。

 


HOME BACK