古民家の後継者|エッセイ|


私は、大崎上島に恩返しをしたいです。

今、目の前の現実である自己課題に直面しています。

私は心身の健康を実現できるように努力しています。

私の地元・大崎上島に少しでも協力してゆきます。

人生、私も強く感じている日々、郷土愛で頑張っています。

私も一生、大崎上島で生きて愛する人々と未来を創ります。

そして、私は先祖代々から続く古民家の後継者です。

私もご先祖様・祖父母に感謝して生きています。

現在、古民家を文学堂として開堂して全国各地に発信しています。

まずは、地元・大崎上島に愛される古民家・文学堂を目標としています。

そして、一人でも多くの芸術家とコラボ企画をしてゆきたいです。

私は後継者としての自覚があり、古民家を発展させたいです。

一日一日、郷土愛精神で少しでも前進してゆきます。

古民家・文学堂は、地域社会に根づいた活動をしています。

文学・芸術・文化だけではなく、町づくり・観光づくりなどです。

そして、私は大崎上島を改革してゆき、離島社会の実現を目指しています。

その離島社会は、みんなの笑顔を目標にしています。

みんなが協力できる離島・大崎上島の実現こそ重要だと感じています。

古民家・文学堂の役割は、情報発信の拠点として活動です。

無から有を創造する文学堂、それが、私の理想でもあり夢の一つです。

今後、芸術家も移住できる離島社会も実現してゆきたいです。

皆様、今後とも熱き応援を宜しくお願いします。

 


HOME BACK