桜を想う大和心|エッセイ|


私は、これからも続く人生で愛を信じています。

日々の暮らしで人間成長して夢のツボミを咲かせたいです。

長い時間、温めた想いは、苦労した数だけ美しい人生です。

世の中、争い、独占、競争していますが、私は心の時代を創ります。

桜を想う大和心の真実は、悲しみのない幸せな地球観です。

清らかな川の流れ、明日へのロマンは、私の心にもあります。

私は一人の民間として大和心を育てて生きています。

涙の数だけ、苦労の数だけ、人は優しさと思いやりの笑顔になります。

私は民間で生きる詩人として世の中の平和と文化発展を願っています。

私も政治家になりません。一生、私も民間で生きる詩人です。

皆様、詩人の言葉を信じてください。詩人の心を信じてください。

私も長生きできるように日々の暮らしで努力しています。

皆様も無理のないように一人一人の歩幅で歩んでください。

私は、大きな夢を咲かせて、夢の続きを感じてみたいです。

あなたは幸せですか。私は幸せに生きています。

 


HOME BACK