家柄を重んじる政治|エッセイ|


私の教育は、すべての子供達に夢を語ること。

現代も家柄を重んじる政治もあります。

そんな時代で何の志が必要なのかを問いましょう。

現代の閣僚は、まるで固定した人材を選んでいます。

私達国民は、世襲政治家に任せるのではなく、

自立した志と信念で日本国の未来を一緒に創りましょう。

私は、家柄に関して否定をしていませんが、

真の実力、真の政治家とは何かを見て聞いて感じています。

日本国の美意識には、家柄だけではなく、家系もあります。

私は国民の一人として詩人の感性を解き放つときが来ます。

雇用を増やしても、格差問題は解決の道でもないです。

真とは何かを問い続けている私は、政治家になりません。

一生、民間人です。ですが、私にも志と信念があります。

政治家は特権階級だからこそ、公人としてのホームページも必要です。

学歴、職歴、政策論、改善論などなどを公表するべきです。

私は、真の民間リーダーとして日本国のお役立ちをしたいです。

あなたの志は何ですか。あなたの信念は何ですか。

 


HOME BACK