郷土愛精神と情熱|エッセイ|


私は、日々の暮らしで離島社会を感じて生きています。

そして、私は、志と信念で大崎上島の未来を考えています。

広い視野で朝日、夕日を見ると果てしない夢へと続きます。

私は、政治家になりません。私の職業は、詩人です。

詩人は、宇宙の無限を感じて地球という舞台で表現しています。

私達が住んでいる星は、美しく青く輝いています。

まさに、人生とは、ロマンでもあり、大きな夢に存在しています。

皆様にも感じて頂きたい地球の愛。

私は、日本国に生まれ育ち、離島・大崎上島の詩人です。

そして、大崎上島で郷土愛精神と情熱で生きています。

一生、私は、ご先祖様からの善いご縁を守り前進してゆきます。

私の生きる場所は、郷土・大崎上島です。

大崎上島町東野矢弓にある古民家・文学堂を発信地として活動しています。

そして、新たな大崎上島の歴史を創るために仲間・同志も増やします。

まずは、全国ネットワークを強化の実行をしています。

一人では無力な時代でも、一人でも多くの仲間・同志と一緒に歴史を創ります。

そのためには、私も常に様々な分野の勉強をしてゆきます。

私は、真の民間リーダーとして一生懸命に学び、自己課題もクリアします。

新たな大崎上島の時代と歴史は、私達の情熱の団結力です。

是非、皆様、私にご賛同して頂き、ご理解とご協力お願いします。

人に必要なのは、志です。志ある人々の団結力で一緒に果てしない夢へ。

 


HOME BACK