地域の挨拶回り|エッセイ|


私は、大崎上島町の地域で挨拶回りをすることがあります。

私は、民間リーダーの道を歩み、地域基盤の強化をしています。

大崎上島町は、離島を教育の島にする実現化に向けています。

私も少しでもお役立ちできるように離島社会を盛り上げてゆきます。

だからこそ、私の活動も知って頂き、みんなで街づくり・観光づくりをします。

私の考えは、個人商店の活性化こそ、地域の発信地になります。

地域に根づいた個人商店を守るだけではなく、今の時代に必要とされています


現実、規制緩和によって個人商店の厳しい時代になっています。

私は、規制緩和の対策として大崎上島の地域力の向上を目指しています。

地域社会に必要とされている個人商店は、町民の意識によって改革できます。

一緒に苦難・困難な時代を乗り越えて、素晴らしい大崎上島町にしましょう。

そのためには、一人一人の努力が最も必要だと私は感じています。

そして、工夫も必要であり、個人商店の個性も必要だと思います。

私が目指す大崎上島町の街づくりは、個性ある離島社会です。

一人で悩まず、一人で苦しまず、一人で悩み考えない、みんなの個人商店。

私は、大崎上島町の現実と未来を真剣に考えて行動しています。

真に愛する大崎上島、郷土愛精神で私も前進してゆきます。

そのためには、皆様のご協力・ご理解が必要となります。

みんなで新しい時代を創り、みんなで真の街づくり・観光づくりを実現しましょう。

私も離島社会・大崎上島で生きてゆきます。一緒に明日へと前進あるのみ。

 


HOME BACK