離島社会と教育|エッセイ|


現実の大崎上島は、向上すること。

一人一人が情熱で生きてゆくこと。

離島社会の秩序を守り、橋を架けない大崎上島。

そして、常に学び教育の島にすることを実現化しましょう。

私も愛する大崎上島は、真の豊かさがある離島です。

みんなが協力して大崎上島の美と感性を育むこと。

古き良き時代を残しつつ、新しき離島社会への改革すること。

大崎上島に必要なことは、広い視野、広い価値観です。

島内だけで考えるのではなく、無限大の世界観を感じましょう。

その世界観は、ヒナタ文学を読んで頂きたいと思います。

私が文学で挑戦していることは、無限の可能性です。

この世に生まれた命、私も希望の光を信じて生きています。

私は、文学の力で教育の大崎上島を実現化を目指しています。

今現実に必要なことは、人材育成です。

この課題に直面している大崎上島だと私は感じています。

教育の島に向けて一人でも多くの人材が必要です。

一人一人の能力を結集、一人一人の向上心が未来を創ります。

 


HOME BACK