沖縄と大崎上島|エッセイ|


第二の故郷、沖縄。

私は、沖縄と大崎上島の友好を創りたいと考えています。

沖縄は、たくさんの文化があります。

代表的なのは琉球王国としての歴史です。

現実、沖縄と大崎上島にも課題が多くあります。

ですが、私自身が沖縄で過ごした経験は人生の財産です。

大崎上島も様々な感性で文化発展できれば良いと私は感じています。

今でも愛する沖縄は、私の青春時代でした。

私は大崎上島の詩人として沖縄の芸術家とのコラボレートしてみたいです。

皆さんも沖縄に旅をしてみてください。真の島人を感じることができます。

みんなが穏やかで優しい心になれば大崎上島も笑顔と笑顔になります。

来年、私は沖縄へ旅をしたいと目標設定しています。

私自身、大崎上島の島唄を制作したいです。

音楽の島とは、沖縄です。だからこそ、大崎上島には橋を架ける必要がないです。

離島であるからこそ、大崎上島の文化を発展してゆきます。

そして、沖縄も大崎上島も平和を祈り願う島です。

 


HOME BACK