勉強とは何か|エッセイ|


私の考えは、勉強にたいする
向上心です。

むかしから「勉強を好きな人はいない」と言われています。

私は、自己気づきがありました。

それは、得意分野を伸ばすことで総合的に学力は向上します。

学校では評価される科目も限定されています。

しかし、真の教育とは、得意分野からの学習こそが重要です。

それを発見して気づいたときの喜びは、素晴らしい結果があります。

ですから、まずは、自分自身の興味がある分野を一所懸命に学びましょう。

私は、常に大きな夢に生きています。

人類は、無限の可能性に挑戦して実現化したことも多くあります。

情熱の集合体は、夢だと私は感じて生きています。

この世に生まれた命、この命を情熱で前進してゆきましょう。

そして、努力をすること。真の勉強とは、豊かな人生を育む力があります。

とくに若い十代・二十代の方々には、強い意志によって希望を信じてください。

私も二十代のときに猛烈な勉強をしました。

学びには年齢は関係ありません。真の勉強は、未来の扉になります。


 


HOME BACK