調理師の情熱|エッセイ|


初心という言葉があるように、仕事に夢があること。

調理師は、美味しい料理を食べて学ぶこと。

そして、接客などを学び、調理師の情熱が重要です。

調理師とは、プロフェッショナルです。

今でも私は、料理を学び続けています。

技術力だけではなく、料理の美と哲学も重要です。

真剣に学び、美味しい食材を探し求めて料理すること。

職人とは、常に研究する心、常に向上心できる人です。

ときには、プライドも必要であり、ときには、プライドを捨てること。

繊細と感性が調理師を育てると私は思います。

料理の才能だけではなく、努力という能力も重要です。

調理師としての情熱とは何でしょうか。

 


HOME BACK