教育と心の相談|エッセイ|


日本教育は、私が中学生のときから教育問題を解決してないことが多い。

私も教育と心の相談ができるように努力している。

日本国に必要なのは、誇りである。

その誇りが無い教育だからこそ、日本国を愛する教育が必要だ。


子供達の将来は、大人が決めることではない。

一人一人の意志、志、信念、夢、そして、自由に描く人生観。

教育現場とは、希望があってこそ、志を持てる。

そして、教育現場に、いじめ問題があることは、すでに教育の場ではない。

子供達は、未来の日本国を背負っている。

一人一人にたいして愛情が必要であり、命の無限大を考えてほしい。

誇りと愛こそ、教育に必要なことだと私は強く感じている。

しっかりした家庭・学校教育、地域で子供達を育てることも必要である。

私も教育と心の相談ができるように勉強している。

理念は、無限の可能性である。子供達にも夢を描いてほしい。

私は私の感性と考え方もあり、真の教育を目指している。

 


HOME BACK