音楽と詩人の命|エッセイ|


自由を求め、自由に迷い、自由を知り気づいた道。

私の人生で音楽は素直になれて心と心を見つめ合えます。

これからの未来へ向かって負けないように自分自身を信じています。

私は詩人として伝える力の感性を磨くことに努力しています。

人は、自分自身に負けないようにと生命力があります。

傷ついて涙を流したこと、私には心と命で感じることができます。

でも、少しでも前向きな日が来ることも大切だと強く感じています。

私も傷ついた心の痛みを乗り越えるために苦しみました。

今、この文章を読んで頂いている人達には、詩人の言葉を信じてください。

生きているからこそ、明日があります。一緒に生きています。

もう一人じゃないと感じてください。教科書みたいな人生はありません。

一つの命には、無限の可能性があります。

私は詩人の言葉で一人でも多く伝わってゆくことを信じています。

一緒に生きています。一緒に乗り越えてゆきましょう。

 


HOME BACK