あふれた夢と未来|エッセイ|


毎年、私はヒナタ文学を発行する目標で頑張っています。

これからの10年、20年の未来が楽しみです。

栄光は今にあり、栄光は継続することで輝きを解き放ちます。

私は、あふれる夢に生きている詩人です。

ここまで来たからには、ヒナタ文学を世界の文学冊子にします。

一人の力では無力でも、多くの協力者と力を合わせてゆきます。

大崎上島で誕生したヒナタ文学の未来は、とても希望に満ち溢れています。

一日半歩でも前進してゆき、大きな夢の花を咲かせます。

私自身、作詞家としても夢に向かっています。

ここ最近、執筆の仕事も少しずつ増えて発表しています。

年々、私も人間成長しています。売れっ子作家になることが高い目標です。

あふれた夢と未来を信じて、私も果てしない旅をしています。

 


HOME BACK